飲んで安心、頼んで楽々のウォーターサーバー

毎日口にする水だからこそ我が家にウォーターサーバーを

最近学校に行く子供たちの様子が変わってきていることにお気づきですか?ランドセルは当たり前ですが、みんな「水筒」を持ってきているのです。「え?のどが乾いたら、学校の蛇口から水を出して飲めばいいのに?」と思われる方がいるかもしれませんが、「水道水をわが子に飲ませたくない」と思う親が多くなってきているのはこの「水筒が増えてきていること」が証明しているのではないでしょうか?実際水道水は、蛇口に出るまで塩素を残しておかねばならず(水道法22条)、この塩素臭さは水道水を使う限り、ついてまわるります。つまり水道水は「消毒薬入り水」でしかなく、「そんな水なんて飲みたくない」「そんな水飲ませたくない」と思う方が増えてきているのは当然です。「いつでも我が家では安心できる美味しい水が飲みたい」という方にお勧めなのが今大人気のウォーターサーバーです。

とっても楽ちんウォーターサーバー

「ドラッグストアやスーパーにあるペットボトル入りの天然水ではだめなの?」と考える人もいる人もいるかもしれませんね。だめとは言いません。でも、一度でも試してみたことがある人なら気づくかもしれませんが、重いんです。2L入りのペットボトル1本では、4人家族で2日もあればなくなってしまいます。では、買いだめではどうでしょう?スーパーなどに6本入りでケース売りしているのも確かにあります。水は1Lで1Kgありますから天然水だけで6本もあれば12Kgになります。もし駐車場から少し離れて住んでいるとか、エレベーターのないアパートの3階に住んでいるとかなら、それを持ち運びするのは大変な労力がいりますよね。でも、ウォーターサーバーは宅配なので、そんな心配いりません。重いものは持ってきてもらいましょう。楽ちんです。

利便性を考えればウォーターサーバー

ウォーターサーバーの水は密封性に優れているため、空気中の菌やほこりなどがはいることはありません。これで安心安全な水がいつでも自由に使えます。また、私が最大の長所だと考えているのは、「冷水と温水の使い分けができる」というところです。冷蔵庫で冷やすことも必要なく、お湯として沸かす必要もなく、自分が好きな時に、好きなタイミングで冷水と温水を使えるのです。水道水や特売で売っている天然水のペットボトルに比べれば、1L当たりの値段の安さではかなわないのは事実でしょう。しかし、安全性、持ち運びの手間、味などを考えるとウォーターサーバーは安いと言えると思いますよ。

ウォーターサーバーを導入したら喜んだ!

私は現在、学習塾の運営をしてしております。まだ開業して1年ぐらいです。生徒さんが少しずつ増えてきたこともあって何か生徒たちに喜んでもらえるものを導入できないかと一時期悩んでおりました。あるときたまたまいつもモップの交換をしてくれいる業者の方がお見えになりまして、生徒さんの入塾状況やこれからの取り組みのことなどいろいろお話をさせていただきました。

そのときに「ウォーターサーバーなんか入れてみてはどうですか?これから暑い時期になるのでお子さんたちにあげてみるのはいかがでしょうか」というご提案を受けました。とりあえずお試しという形で1ヶ月間だけの契約で導入してみました。するとどうでしょう。大半の生徒さんたちは非常に喜んでくれました。「先生ありがとう。家からお茶持って塾に来るのが大変なので助かった」とか「前にいくつかの塾に通っていたけど、お水出してくれる塾はさすがになかったよ」、「冷たいお水は美味しいね」といった声まで聞かせてもらいました。

そういう声をくれるようになってよかったというのもありますが、もうひとつよかったことがあります。当塾は通ってきてくれている生徒さんは小学生も中学生も学校や学年がバラバラで、塾内の雰囲気が何だかどんよりするときがありましたが、休憩中に一斉に生徒さん同士がウォーターサーバーのところに集まってあれこれ話をするようになりました。そういった日が何日か続くと自然に塾の中での友達ができていって、塾生同士教えあうといった状況も見られるようになりました。たまに騒がしくはなりますが、塾の中で生徒さん同士が切磋琢磨して学習に励んでくれるようになったというのはとても大きな収穫でした。

これには私は本当におどろきました。最初はウォーターサーバーの契約は1ヶ月間だけで打ち切る予定でしたが、子供たちへの思わぬ効果が見られるようになったのが大変嬉しかったです。結果的にはその後も継続して契約することになりました。私は塾を運営しているという関係上、生徒さんに喜んでもらえるようにということでウォーターサーバーを導入しましたが、塾だけでなく一般の企業でも導入してみる価値があるかも知れません。

それは従業員の方に喜んでいただけるものとして提供するというのもあるでしょうが、従業員さん同士のコミュニケーションの場を提供するという意味でもこういったものを導入するのもいいかも知れません。ウォーターサーバーはコミュニケーションの場を提供するものなのかも知れませんね。